波動調整®研究部

密かな密かな自己探求の道

共振の原理と自分という存在

calendar

 

いつもお世話になっております。

 

まなお でございます。

 

本当に熱心な読者の方ばかりで嬉しい限りです。

 

今日も波動調整®についての

リアルなところを語って行きたいと思います。

 


 

前回まで、波動調整®の作用機序というお話しました。

(前回記事はコチラ⇒『波動調整®の作用機序と共振・共鳴』)

 

量子の場における“共振”“共鳴”という区別をお話しをしつつ

 

前提① ヒーリングや波動を調整することが目的ではない。

 

前提② 外側(人や物)に対して働きかけていくものではない。

 

この2つの前提を踏まえたうえで

 

 

いっさいのコントロールする意図・変化させる意図・造り出す意図を手放して

施術をする側がその場で入ってしまっている余計なスイッチをOFFすることで

 

(そこで施術を受けると意図した人と意識的に共振の場に在ることで)

 

受ける側も余計なスイッチがOFFになり、本質が自然と引き出される、という

 

根本の原理的なお話しをさせていただきました。

 

ここで大事なのは意図を手放している状態であるということです。

 

積極的に作用させていく・働きかけていくことをせず、

ただ在ることで起こることを許すということです。

 

ちょっと今回は、この波動調整®の作用原理を

より身近に感じてもらえるような話をしたいと思います。

 

 

波動調整®の原理っていうは

実は私たちが過ごす日常の中

常に起きていることなんです。

 

無意識のうちに誰もが例外なく普段からしてしまっていること、

それに対して意識的になることが波動調整®ですることなのです。

 

だから、できるようになる、とかなくて

みんな、してしまっている、ことなので

100% 出来ない ということは有り得ません。

 

すでにいまの瞬間もしてしまっていることなので、

何かの能力を開いて出来るようになるとかではないんです。

何かの存在とつながって出来るようになるとかではないんです。

何かの知識を得てツールとしてつかいこなすとかではないんです。

 

 

普段からしている、というと

それってどういうこと??って感じかもですが、

 

例えば、閉鎖的な学校や職場などで

 

1人スゴく機嫌が悪い人がいたりすると、

全体の場がピリピリと感じられたり、

それによって私たちも強張ったり緊張したり萎縮したり

 

1人の発しているものによって勝手に周りを受けるわけです。

 

なので、自分の発しているものに意識的になる、ということです。

 

それによって、勝手に周りで起こることが起こる、ということです。

 

先の例で言えば、スゴク機嫌悪くあるように見える人は

別に周りをピリピリさせよう、とか、相手を萎縮させようと

意図的に周りに働きかけていたわけではないですよね??

 

人はただ存在しているだけで、場と共振し影響しあっている

 

何かを”する”ことで働きかけ影響を与えるのではなく

ただ”在る”だけによってだけで勝手に影響を与えている。

 

これに対して “ただ意識的になる” ということです。

 

さらに言うと

自分が”ただ在る”ことだけで現実という場が展開されるので

そこで起こったことを”ただ観て”自分の内側の反応に気づいていく

 

波動調整®でしていくことは、ただこれだけです。

 

それは”する”こと以前の問題だということです。

 

意図的に何かを働きかけて起こること以上に

何かを”する”以前に”する”人の発しているもの、

何かを”受ける”時に”受ける”人が発しているもの、

その『場』で起こっている『共振』がすでに影響している、って話です。

 

同じ薬・レメディを摂取したところで、

同じ療法・健康法を実践したところで、

 

効く人がいたり効かない人がいたりしますし、

 

どんなエネルギーを流そうが、

どんな存在と繋がろうが、

 

それ以前にどういうものを自分が発しているか、の方が、

根本的で重要な問題ですよね??、ていうことに意識を向けるということです。

 

なので、何かを意図すること・働きかけること・作用すること・影響を与えること

これらの”する”こと・もの・手段・方法・ツールはまったく問題ではなくて、

自分という存在が、場の中でどう”在る”か、だけに 気づいていく だけなのです。

 

純粋に“自分という存在である”ことだけで、場に対して、世界に対して

どう影響しているのだろう、というのを意味づけせずに観て受け容れていくのが

波動調整®でしていく唯一のことであり、それによって起こることが起こるのです。

 

 

繰り返しますが、みんないつの瞬間も存在として場と共振しあっています。

それによって何かをする・しない以前に場に影響を与えてしまっています。

 

つまり、無意識的に波動調整®の原理を実践しているわけです。

 

そこに対して意識的に、自分の存在自身に意識的になっていく、

それが波動調整®というスピリチュアリティの実践・探求なのです。

 

前提① ヒーリングや波動を調整することが目的ではない。

 

前提② 外側(人や物)に対して働きかけていくものではない。

 

だからこそ、この波動調整®の前提にもなっていきますし、

意図を手放した状態で”ただ在る”ことで共振する、ということなのです。

 

ツールや手技・手法のやり方・テクニック・ハウツーのレベルを抜けて

自分という存在・意識・バイブレーションという結果を体験するに至る

瞬間のプロセスに対してただ意識を向けて気づいていくのが波動調整®の旅路です。