波動調整®研究部

密かな密かな自己探求の道

『波動』と幅の世界の感覚

calendar

と、いうわけで
今日も炸裂☆【波動研】でございます。

 

まいど、部長のまなおです

 

今回は波動調整®というものについて
その基本の言葉のところから膨らませて
考察テーマ『波動』でスタートしています。

 

(前回記事はコチラ:『波動』という言葉の基本)

(本考察の始まりはコチラ:『波動』という言葉の2つの区別)

 

まずは前回のおさらい

 

前回から本シリーズの本題に入ってまいりました。

『波動』ってそもそも・・・・
というお話でございます。

Wave の訳語としての『波動』
Vibrationの訳語 としての『振動』

『波動』『振動』 の違いを抑えつつ

前回は『波』という現象の基本のお話をしました。

『波源』から『振動』が伝播していくのが『波動』

「波は進む」けど、「媒質は動かない」という前提のもと

 

 上のような図を見ながら、

 
『波長』・『振幅』 

『周期』・『周波数』

 と、いった物理の言葉について
ご紹介させていただきました。

ここからはさらに『波動』という言葉
そのイメージを擦り合わせていきたい

そのように思っている次第でございます。

ただ、その前に

波動調整®とは
『波動』を『調整』することではなく、
『振動』を『調整』することでもない。

 

このことは忘れないでいてくださいね。 

 

それでは今日のトピックに入っていきたいと思います。

 

波動が高いって・・・

 


というわけで、

前回は宿題を出していましたが、

答えは用意して頂けましたか?

 

 

いきなり答え合わせも無粋なので、

答え合わせをする前に

“波動が高い”状態について

その間違ったイメージから

確認をしていきたいと思います。

赤い線は前回の図と同じ強さ・大きさの波です。

赤い波を基準に倍の大きさ緑色の波です。

逆に半分ほどの大きさが茶色の波です。

 

 
3つの波の周期は同じですが、振幅が違います。

 


茶色よりもよりも

単純に縦軸の高さを上に上にきくする。

 

これが波動が高い状態???

 

その認識は違っていますよね。

 

振幅が大きいことは関係ありません。

もう一つの例を見ていきましょう。

 


同じく赤い波はこれまでと同様の値です。

今度の緑の波は大きさも倍ですが、
波長も倍の長さになっています。

 

赤の波が2回上がって下がってをする間に
緑の波は1回上がって下がってをしています。
振幅も波長も大きく膨らませてみました。

 

 

横にも縦にも波を大きく大きく!!

 

 

大きな波だから波動が高いでしょ?
もちろん、これも違います。

 

 

大きいものが良い・高いものが良い
こうした発想が物質の次元
幅の世界に囚われたままの発想です。

 

Bigger is Better
“大きいことはいいことだ♪ “

 

これは日本では昭和40年台の発想です。

 

高度経済成長期で『重厚長大』が良しとされる
物質的な価値観が世間を支配していった時代。
その感覚は今でも根強く蔓延していて

 

・偏差値が高いほうが学歴が高い

・値段が高い方が物の質が良い

・六本木ヒルズの高層階がすごい

 

高いこと・大きいことがステータスの世界。
『波動』という言葉について考えるとき
こうした“幅に毒された感覚”で世界を観ないことです。

観えない世界・精妙で微細な世界を観ていくはず、
『波動』という繊細な領域を扱うはずの人が
幅に毒された感覚で語っている人もいるように思います。

 

強力な『波動』/高い『波動』/大きな『波動』

 そういった言葉のイメージに引きずられていませんか?
どちらのヒーリングが強力か、

どちらの水が波動が高い

どちらの人が波動が大きい

 

こういう競争や議論はまったくもって
的外れで無意味な幅の感覚の中でのお話。

 

波が大きい ≠ 波動が高い

 

波動調整®というプロセスは
物質的な幅の世界への囚われを抜けて、
物の本質を、ただ観ていくことです。

 

強大なものが良い・高いものが優れている
こうした当たり前に刷り込まれてきた価値観

 

そうした洗脳を見破りながら
この世界をフィルター無しに観て
身体や意識の繊細な感覚を磨きながら
外と触れ合っていくためのものです。
さらにもう一つ『波動』が高いという状態の
よくある間違った例を観ていきたいと思います。

ポジティブ・ネガティブ

幅の世界の感覚で考えていくならば、

波のことを上の図のように
捉えてしまっている人もいそうですね。
基準点ゼロのラインよりも
上のプラス数値の領域がポジティブ
下のマイナス数値の領域がネガティブ

 

プラスの感情でいれば”波動が高い”
マイナスの感情でいれば”波動が低い”
 だから、常にプラス思考
ワクワクポジティブでいれば
波動が上がって現実が引き寄せられる

こうした歪んだ考え方も多く蔓延している気がします。

 

もちろんこれも宿題の答えではありません。

ポジティブ ≠ 波動が高い

 

 

プラス・マイナスは意味付けの世界
一個人の中で造り出されるフィルター

プラスにしようという意識が
その分だけ大きなマイナスを造り出す

そんな二極性の世界を生きている私たち。

 

波動調整®というのは
こうしたプラス・マイナスの意味付けをせず
ニュートラルにただ世界を観ていくことです。

 

プラスに転じようとすることでもなく、
マイナスを避けようとすることでもなく、
そのための『波動』の『調整』でもないのです。

 

最後にまとめていきます。

 今日はいくつかの例を見ながら
 “波動が高い”という状態について
角度を変えながら観てきました。
物質に囚われた幅の世界の観方

こうしたものについて考えてきました。
今日のところで確実に抑えておいて頂きたい点としては

  • 大きくて強い ≠『波動』が高い
  • ポジティブ ≠『波動』が高い
  • 波動調整®は世界をニュートラルに観ていくこと

 

波動』が大きい・強い・高い

あまりに意味の無い議論のような気がします。

 

逆に波動の大きさ・強さ・高さ
これを主張している人がいると
思わず引いてしまいます。

 

波動調整®は幅の世界の感覚のまま
『波動』を高く強く大きく『調整』するものではないのです。
『波動』をプラスにポジティブに『調整』するでもないのです。

 

それらの自我の幻想のような考え方を落としていくこと。

ぜひ読者の皆様もご自身の感覚を見直してみてくださいね。

それでは今日はこの辺にしたいと思います。

 

えっ、答え合わせですか???

振幅・波長の大きさ・長さは関係なかったのですから

おのずと答えは出てくるかとは思うのですが・・・
一応ちゃんとした形で次回にさせて頂きます。

 

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
また次回もよろしくお願いいたします。