波動調整®研究部

密かな密かな自己探求の道

『波動』という言葉の基本

calendar

 

と、いうわけで

今日も炸裂【波動研】でございます。

 

今回は波動調整®というものについて
基本的な事柄からお伝えしていこうと思ったわけでして、

今回の考察テーマが『波動』でスタートしています。

 (前回記事はコチラ:『波動』の『調整』と本当のわたし)

(本考察の始まりはコチラ:『波動』という言葉の2つの区別)

 

 

 まずは前回のおさらい

 

 

前回から元の考察テーマであった
『波動』に関する考察に戻ってきました。 

 

前回は『波動』・『振動』との区別から
それまでの『調整』についての考察と絡めながら
波動調整®の世界観・本当のわたしについて触れました。

 

波動調整®とは
『波動』を『調整』することではなく、
『振動』を『調整』することでもない。

 
 

波動調整®というのは
『波動』の場を生きる私たちを観じるためのもの。

 

 

この現実世界=『波動』の場において

自分がどう在るのかを観じていくプロセス

 

固有の『振動』を持った存在として

『波動』の場にただ在るためのプロセス

 

 

 それが波動調整®という

“本当のわたしを思い出す”プロセス

 

 

この世界の中でコントロールするのではなくて、
この世界に在る自分のマスターになっていくこと

 

 『共鳴』させていく生き方ではなく、
起きている『共振』に委ねていける生き方です。

 

ここまでの考察は前置き的な部分でした。
ここまでの基本的な考え方を踏まえながら、
もう少し具体的に『波動』というものについて
みなさまと一緒に観ていきたいと思います。

 

No control / 無為自然 / True Nature / 共振

 

これらの波動調整®のキーワードを引き続き抑えて頂きながら

 

今回のお話に入っていきたいと思います。

 

 『波動』の大前提

 

Wave の訳語としての『波動』

Vibrationの訳語 としての『振動』

 

『波動』『振動』 の違い

このシリーズの一番最初に区別をしました。

 

今日は具体的に『波動』っていうものをについて
図などを使いながら解説していこうかと思います。

 

 

まず最初に復習です。 

 

“波動”

波動(はどう、英語:wave)とは、単にとも呼ばれ、
同じようなパターンが空間を伝播する現象のことである。

などの水面に生じる波動に関してはを参照のこと。

量子力学では、物質(粒子)も波動的な性質を持つとされている。

”波動” 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
更新日時:最終更新 2017年11月10日 (金) 11:43 URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/波動

波動(はどう、Vibration

概略

オカルトや代替医療における波動は、英語の Vibration の訳語であり、日本語では「振動」と翻訳すべきところを、科学的な表現である「波動」や「エネルギー」などと訳されている。肯定的に評価しても仮説であり、疑似科学であると批判されることもある。波動という用語から、科学的・物理学的な裏付けがあるように考えられがちだが、物理学での波動 (wave)とは異なる。

”波動(オカルト)” 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
最終更新 2018年10月5日 (金) 05:00  URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/波動_(オカルト)

 
 
改めてこの2つのウィキを見比べたうえで

 

まず抑えておきたいポイントとして
『波動』という言葉は物理学の言葉だということです。

 

 

 というわけで、

ここから物理の基本のお話です!!

 

 

あっ、でも安心してください。まなおは完全文系人間

 

学生時代に物理など学んだ記憶も全く無いくらいなので、
細かい部分の突っ込みにはお答えできませんので
その点はあらかじめご了承ください。

 

というわけで波動とは・・・

まずその大前提の部分。

 

 

イメージしてみてくださいね
 

 

目の前に静かな湖があったとして
その湖面に1つ小石を投げたとする。

 

 

ポチャン

 

 

湖面はどうなっていくか・・・

 

 

 

 

 

①「波は、進む」

小石を落としたことによって『波』という現象は周囲へ広がっていく
=波は進んでいく。つまり、ボールを投げるみたいなのと同様、
『波』は「進む」ものであり、「速さがある」もの。

 

いわゆる波紋が広がっていきます。

 

「波」は進む、だがしかし・・・

 

 

②「水自体は、進んでいない」

この場合、湖面の水は、上下には揺れているんだけど、
水自体が横に動いて移動していっているわけではない。

ここのイメージ大丈夫でしょうか?

 

今回のケースでいう「水」のように、
波た伝わっていくものを「媒質(ばいしつ)」といいます。

教科書的には「媒質とは、振動を伝える物質」

 

「波は進む」けど、「媒質(水)は進まない」

 

この前提を押さえておいてください。
 

自称:波動使いの方々の中では
物質的に何かを動かすイメージの人も
多いようにも感じます。

 

「波は進む」けど、「媒質は動かない」

 

そして、『振動』が伝播していく現象が『波動』

 

この現象の基本は、ぜひ認識しておいてください。

 

また水などの媒質がないと『波』というのは可視化されないので
『波動』、それ自体を認識することは私たちには出来ないはずです。

 

 ここまでの基本のイメージを大丈夫でしょうか?

 次は『波動』についての基本の言葉の確認です。

 

波動の基本用語

 

 

ここからは実際の波という現象について
一番わかりやすい波の形で考えましょう。

 

波の形 = 『波形』

 

さまざまに『波形』はあると思いますが、
上の図のような一番簡単な正弦波で観ていきます

 

では『波』に関する用語の確認です。

  

まず、上の図で言うと左端のところ

縦軸・横軸が“0”(ゼロ)の交点のところ

 

この『波動』の発生源

 

『波源』(はげん)

 

ハーゲンダッツ!!

 

その『波源』の『振動』が伝播していくこと、
周囲に次々移動していく現象が『波』=Wave

 

1回の波が上がって下がっての範囲が

 

『波長』(はちょう)

 

手八丁口八丁!!

 

1つの波の山(谷)の高さ

 

『振幅』(しんぷく)

 

心服いたしました。

 

1回の『波長』だけ動くのに掛かる時間

 

『周期』(しゅうき)

 

僕の人生、周回遅れ 

 

限られた時間(1秒間)にどれだけ波が進んだ

 

それが

 

みなさん大好き

 

『周波数』(しゅうはすう)

 

僕は無宗派です。
 

 

ではでは、

物理の時間はここまでにしましょう。

お疲れさまでした。

 

皆さん付いて来てくれていますか?

 

 

ここまで『波』という現象の基本のところ
それを一番簡単なモデルで観てきました。

 

(というか複雑になると僕も分かりませんw)

 

でも、基本用語は出揃ったので
ここから先で考えていきたいことは

 

蔓延中のフレーズ

 

“波動が高い”

 
 

この言葉が指し示している状態

いったいどういう状態でしょうか?

 

『波形』が大きくなる?

 

『振幅』が広がる?

 

『波長』が長くなる?

 

『周波数』が変わる?

 

 

波動が高いってどういう状態?

波動を上げるって何をするの?

 

みなさんはどういうイメージで捉えていますか?

 

 

意外とここの部分
ちゃんと考えたことが無い人もいるようです。

 

 

なんとなくの雰囲気で
「波動」を上げるという言葉を使う人も
いるように見受けられます。

 

なので、
『波』という現象の基本を踏まえつつ
少しずつ整理をしていきたいのです。

 

 

正直、あまり難しい質問ではないのですが、

 

『波動』が高いという状態について

ちゃんと考えたことがない人は
ぜひこの機会に考えてみてください。

 

 

次回までの宿題です!!

 

 

“こんな簡単な問題出すなよ”

っていう上級者のみなさまは

 

では、なぜそれをする必要があるのか?

それをすることに何の意味があるのか?

その状態になると何がもたらされるのか? 

 

そこまで突っ込んで考えてみてくださいね。

 

そして、波動調整®というものが
あの図のモデルの中で言うならば
何をしていくプロセスなのか!?

ぜひぜひそこも考えてみてください。

 

最後にまとめていきます。

 

 今日は考察のテーマである『波動』に関して
物理の現象としての基本の用語を示しながら、
今後考えていきたい部分について入っていきました。

 

正直、今回のシリーズはここまでが導入です(笑)

 

ここから先のことを皆さんと一緒になって考えながら
波動調整®について理解を深めていきたいのです。

 

今日のところで確実に抑えておいて頂きたい点としては

  • 『波源』から『振動』が伝播していくのが『波動』
  • 『波』は移動するが『媒質』は移動しない。そして本日の宿題は・・・
  • 『波動』が高い状態とはどういう状態か??

 

ここについて考えて頂くことです。

答え合わせは次回をお楽しみに☆彡

 

しっかし、
どうも物理という学びに関しては
まなお個人としては苦手意識もありますし、
正直、自信を持って語れる領域ではないのですが、

 

ただ、ここを整理しながらお話しすることで
きっと波動調整®というものが掴みやすくなるはずですし、

『波動』という言葉だけが妙に独り歩きしてしまうことも
無くなっていくのかなぁ、と考えています。

 

次回以降は、今日のように簡単な図を使いながら
『波動』という現象波動が高いという状態について
考えながら波動調整®について理解を深めていきましょう。

 

それでは今日はこの辺にしたいと思います。
最後まで駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

また次回もよろしくお願いいたします。