波動調整®研究部

密かな密かな自己探求の道

『波動』の『調整』と本当のわたし

calendar

『調整』の媒体

と、いうわけで今日も炸裂【波動研】でございます。

今回は波動調整®というものについて
基本的な事柄からお伝えしていこうと思ったわけでして、

 

今回の考察テーマが『波動』でスタートしています。 

(前回記事はコチラ:『調整』の媒体)

(本考察の始まりはコチラ:『波動』という言葉の2つの区別)

 

 

まずは前回のおさらい

 

前回までは(しつこいくらいに)4回に渡って
波動調整®という言葉の後半部分にあたる
『調整』という切り口から解説をしてきました。

 

初回は『調整』のニュアンスについて共有しました。
『調節』・『調律』・『調製』といった言葉を出して
そのイメージの違いをお話ししました。

 

No control

 

 

波動調整®というのは
『波動』を『調整する』ではない、
『波動』の『調整』が為されること、でした。

 

その後、『調整』の目的・対象・主体・媒体
という切り口からお話をしてきました。

 

 

『調整』とは

何かの基準に合わせていくことではない

何かの結果を得るためにすることではない

自分という主体が起こすものではない。

対象となる相手に働きかけるものでもない。

外側の何かが起こしているわけでもないし、

行われる行為が起こしているわけでもない。

 

波動調整®における『調整』とは

『調整』しようとするもの:『調整』の主体・『調整』の設定
『調整』の目的・『調整』する意図・『調整』する媒体
それらの『共鳴』を手放して『調整』を止めていく結果

 

その場で起こっている『共振』に委ねていくこと

 

本来的に起こることになっていることが
起こるように起こることを許していく

 

『調整』というテーマから波動調整®が
どういう世界観で何をしていくことなのか、

そこが少しでも感じて頂けたなら有難いです。

No control / 無為自然 / True Nature / 共振

 

これらの波動調整®のキーワードも理解して頂きながら
ここまでを踏まえて今回のお話に入っていきたいと思います 

 

 調整されている『波動』

 

 

 ようやく本来の考察テーマに戻ってまいりました。

このシリーズの元々のテーマは『波動』です。

 

みなさま覚えて頂けてたでしょうか?

 

この考察の入り口は2つの『波動』 

 

Wave の訳語としての『波動』

Vibrationの訳語 としての『振動』

『波動』『振動』 の違い

 

波動調整®では、その両方を
きちんと区別をしながら扱っていきます。

 

ここまでの『調整』の考察を踏まえて考えると

 

波動調整®というのは

『波動』の場を生きる私たちを観じるためのもの。

 

『波動』は直接的な『調整』の対象でもなく、

『調整』に使う道具・媒体でもないのです。

 

『波動』を場としてとらえて

何かの媒体で動かす『調整』の対象でもない。

 

“『波動』『調整』する”でもないし、

“『波動』『調整』する”でもない。

 

『波動』で記述される世界の中で

常に為されている『調整』に意識的になること

 

それによって私という存在の本質に

気づいていくためのプロセス

 

“本当のわたしを思い出す”

 

それが波動調整®

 

もちろん、本当のわたし

『波動』を『調整』した結果でもないですし、

『波動』を『調整』して造り上げるものでもないです。

 

 

『調整』されている『波動』の場にただ在る

 

 

そこをただ体験している無為自然な存在。

 

 

その存在であることで、それがこの世界に還元されていく。

 

その結果として起こる『波動』の『調整』が波動調整®

 

 

現実世界を『波動』の場として観ていく。

その中で自分がどう在るのか。

 

それに気づいていくことが波動調整®です。

 

調整される『振動』

 

私がいる

 

あなたがいる

 

それぞれ違う『振動』を持った

 

それぞれにたった一人だけの存在。

 

それが『波動』の場で出逢う

 

 両者の存在と場とが

 

お互いに影響し合う

 

 結果『波動』が『調整』される

 

この世界的の中では

両者の『振動』が『調整』される。 

 

どちらか一方の側の人が

『振動』を発していくわけではなく、

相手の『振動』を『調整』するでもなく、

『振動』する媒体で働きかけるでもなく、

 

 

違った『振動』を持つ存在が出逢う、

その結果として起こるものが『調整』

 

波動調整®とは

バイブレーションを調節するでもなく、

バイブレーションを調律することでもなく、

バイブレーションで調整することでもない。

 

違ったバイブレーションのものが存在することで

結果的に『波動』の場で起こっていくこと

言うなれば、

それぞれのバイブレーションの『調整』です。

 

いずれにしても、

結果として起こることが波動調整®

 

 

『波動』の場で『振動』を使って『調整』するではなく、

『波動』の場を『振動』を媒体に『調製』するではなく

『波動』の場を特定の『振動』『調律』するではなく

 

固有の『振動』を持った存在として

ただ『波動』の場に在ること

 

 

私たちの身体は物質であると

同時に可能性の『波』でもあります。

 

『調整』することで造られる存在ではなく、

『調整』が為されている結果として在る存在

 

『波動』・『振動』を扱うというのは

何かの力・能力を扱うのではありません。

 

自分という存在・身体=意識を

この世界の中で扱っていくことなのです。

 

最後にまとめていきます。

 

 今日から考察のテーマを『波動』に戻して

前回までのテーマであった『調整』を絡めながら

波動調整®のしていることについて解説をしてみました。

 

今日のところで確実に抑えておいて頂きたい点としては

  • 『波動』の場で起こる『調整』に気づいていく
  • 『振動』が出逢うことで『調整』が為されていく
  • この世界の中で自分の存在を扱うことが波動調整®

 

この世界の中で自分をコントロールするのではなくて、

この世界に在る自分のマスターになっていくこと

 

物質であると同時に『波動』でもある身体を持った

『波動』の場に在る『振動』している存在である自分

その自分をきちんと扱って磨いていくことです。 

 

次回以降は、この図のようなものを使いながら

改めて『波動』という現象と『振動』(=周波数)について

基本を押さえながら波動調整®について考察していきます。

 

それでは今日はこの辺にしたいと思います。

最後まで駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

また次回もよろしくお願いいたします。