波動調整®研究部

密かな密かな自己探求の道

 

 

と、いうわけで今日も炸裂【波動研】でございます。

 

今回は波動調整®というものについて
基本的な事柄からお伝えしていこうと思ったわけでして、

 

今回の考察テーマが『波動』でスタートしています。

(前回記事はコチラ:『調整』の対象と主体)

(本考察の始まりはコチラ:『波動』という言葉の2つの区別)

 

まずは前回のおさらい 

 

前回は『波動』というテーマから派生する形で
波動調整®という言葉の後半パートである
『調整』という切り口から主体・客体の話を掘り下げていました。

 

誰が『調整』をするのか・何を『調整』するのか

 

『調整』の主体と

『調整』の対象となる『客体』

 

『調整』の主体自分ではない
『調整』の客体相手ではない

 

波動調整®の施術者がすること
外側の相手や場に何かをすることではなく、
内側に起こるものに気づいてOFFすること。

 

『主体』『客体』

 

その関係性が常に対等であり、

常に双方向に影響を与え合っている

 

この世界のそうした前提を腑に落としていく
その場で起こる『共振』に委ねる結果として
双方に為されることが『波動』の『調整』でした。

 

ここまでを踏まえて今日の考察に入っていきたいと思います。

No control / 無為自然 / True Nature / 共振

波動調整®のキーワードも引き続き抑えておいてくださいね。

 

何が『調整』を起こすのか

 

前回の記事の最後に、次回から『波動』についての考察に戻る
というお話をしたのですが、もう一本だけ書きたくなったので、
今回も『調整』という切り口からお話させて頂きます<m(__)m>

 

自分が『調整』を起こすのではない。
相手を『調整』をするのではない。

 

では何が『調整』を起こしているのか?

 

『調整』の媒体、それが今日のテーマです。

 

主体と客体と認識している両者は
常にお互いに影響を与え合っている存在

この『共振』の原理に基づいて考えるならば、

まず一つの答えが思いつくと思います。

 

主体と客体の存在

=お互いの持つ固有のバイブレーション(振動)

 

常に影響しあっている双方向で対等な関係性

 

お互いの存在が出逢うことで
『波動』の『調整』が為される。

 

 

もちろん、それは2つの存在だけではなくて

その両者を存在させている『場』も含めた話です。

 

 

 

究極的な視野に立っていくならば、
自分と思っているもの相手と思っているもの
その間に広がっていると思っている時空間すらも

 

そこの明確な境目すらも消えてしまう世界です。

 

ですので、その時その場で出逢うという体験
成立させている瞬間 が『調整』を起こしている。

(『調整』の結果出逢ってるとも言えるが・・・)

 

まず一つの考え方としては、そう言えると思います。

それを別の言い方をするならば、
その場をあらかじめ創造していた
クリエイターとしての自分とも言えます。

 

まぁ、この場合はその存在が起こしているというよりも
そうなることにあらかじめなっていたという感覚でしょうか?

 

原因があって結果が起こる

 

波動調整®というものを識っていくときには、

こうした3次元的な考え方(の囚われ)
だけで世界を観ないことが1つ大切です。

 

倒錯した因果の世界を見破っていくことも
波動調整®でしていくことの1つです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくはこちらの以前の考察を参照ください
「原因と結果と波動調整®」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

起こることになっていたことが起こる

 

この宇宙で起こることを信頼している状態

 

これが波動調整®の基本的な在り方です。

 

 『調整』の媒体ではないもの

 

ここまでを観てきて逆を言えば、
何が『調整』の媒体では無いかを話していきたいのです。

 

まず一つ前の項目で

 

いきなりクリエイターとしての自分という言葉を出しましたが、

こういう話をすると、自分と離れたところにいる
まったく違った高位存在と思ってしまうのですが、

 

この言葉の意味するところは
何かの特別な存在とつながって『調整』をするではない。

宇宙存在・高次元の存在・エンジェル・龍・etc

 

こうしたものを媒体として『調整』をさせることではない。

 

ここは1つ誤解せずに頂きたいところ。

外側の何かの存在に委ねることではないということ。

 

ここは紙一重ですが重要な違い。

 

また違うことに意識を向けていきましょう。

 

そもそもここまでの話の中では、
波動調整®という意識的な共振のプロセスの中では
主体と客体の間の行為・媒体の話をしていないのです。

 

主体と客体が存在している場において

 

相手に対して働きかけているツール

 

『調整』を起こしているのではない、という話です。

 

エネルギーワークであれば、そのエネルギー
ボディーワークであれば、その手技・メソッド
音や言葉によるワークであれば、その周波数・言霊

 

こうした主体が客体に働きかけようとしている

ツール・媒体・行為が『調整』するわけではない。

外に見出す強力な波動・高い波動・最良な波動とか

 

 

これらの類のものが『調整』を引き起こしているわけでもない。

 

もちろん、それぞれの働きかけによって
目の前の相手に変化が起きていくように思えますし
そのもの自体のバイブレーションというものもありますが、


それ以前のものとして、変化が起こるものとして
そういうツールとして扱っている主体側の意図であったり、
そういう変化を期待して受け取る客体側の意識であったりが、

 

ちょうど良いようにその場を共同創造しているわけです。

 

 

波動調整®で扱っていきたい領域は
そうしたツール・媒体・行為以前に現実を成立させている
意識(=波動)の世界であり、創造の裏側の部分です。

 

『共鳴』ではなく『共振』に委ねる、ということは

 

自分が自分と思って造っている自我に力を持たせるでもなく、
すごい効果があると設定している行為に力を持たせるでもなく、
遠くにある高位や別次元の特別な何者かに力を持たせるでもなく、

 

 

自分という存在の本質的な部分であったり、
この(自分を含む)宇宙全体の自然な流れであったり、
本来的なものに備わっているところに力を戻していくこと。

 

つまり

何かの主体による『調整』でもなく
何かの媒体による『調整』でもなく
何かの存在による『調整』でもなく

 

外側のどこかに預けて起こす『調整』ではなく、
常に起こっている『調整』に意識的になること。

 

どこかに力を預けてしまえば、それは「依存」です。
その力が無くては自分が成り立たなくなってしまいます。

 

波動調整®がしていきたいことは「自立」

 

常に自分にとってちょうど良く起きてくる
目の前の現実=『波動』の『調整』を信頼して
そのままを認めて、ありのままに体験していく。

 

それが波動調整®というプロセスです。

『波動』を(で)意図的に『調整』していく『共鳴』ではなく、
『波動』の『調整』が起こっている『共振』に気づいていくことです。

 

外側に力を預けている間は、本当の自分には気づけない。

 

自分が何かを起こしていると思う間は、本来の創造は観えない。

 

そうではなくて、主体と客体

それを存在させている場、そこで起こっている

(あらかじめ起こることになっている)

 

『波動』の『調整』という一期一会の『縁』
その瞬間瞬間をきちんと感じていくことなのです。

 

その観点をもって在り方が観えているならば、
そこで行われている行為使われている媒体
大きな意味を持っていないということなのです。

最後にまとめていきます。

 

 今日も波動調整®の『調整』をテーマとする中で
『調整』を起こす媒体について 掘り下げながら
波動調整®の意義について解説をしてみました。

 

今日のところで確実に抑えておいて頂きたい点としては

  • 何かの媒体が『調整』を起こすわけではない。
  • それら以前の部分で『調整』が為されている。
  • その場・その瞬間の出逢いが『調整』である。

とりとめもない話をしてしまうと

波動調整®の考え方としては

起こることになっていることが
起こるように起こることを許していく、こと。

 

そこに拒否・抵抗している(調整・コントロール)
自分を受け容れていくことが『波動』の『調整』です。

 

つまり、『調整』しようとするもの・『調整』の主体
『調整』する意図・『調整』する目的・『調整』する媒体
それらを手放して『調整』を止めていく結果が波動調整®です。

 

波動調整®とは何もしないこと=していることを止めること

 

それによって本来起こるはずのことが起こること

 

というわけで、
結局1回のおかわりを入れて4回に渡って
『調整』という言葉から考察をしてまいりました。

 

これで心置きなく元の考察テーマである波動調整®の前半部分
『波動』に戻して、改めてお話をしていきたいと思います。

 

それでは今日はこの辺にしたいと思います。
最後まで駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

また次回もよろしくお願いいたします。